ニキビを防ごう

ニキビに困っている人はいませんか?
ニキビは1度できてしまうと、綺麗に完治するまで、なかなか時間がかかるのが厄介ですよね。

ですから、ニキビができないように予防することが、とても大切になってきます。
ニキビの原因といえば、皮脂やファンデーションなどのメイク汚れが大きな要因になってきます。
肌を清潔に保つことで、ニキビができるのを大幅に防ぐことが可能です。
ですが、肌を綺麗にしたいあまりに、1日に何度も何度も洗顔するのは、むしろ逆効果になってしまうから注意が必要です。
何度も顔を洗っていると、皮脂がまったくなくなってしまいます。

皮脂がなければニキビにならないような気がしますが、実はこれがNGなんです。
肌は皮脂がなくなると『分泌量が足りない』と錯覚してしまい、余計に皮脂を作り出してしまうんです。
洗顔のしすぎは、皮脂の分泌を活発にする可能性があるので、ひかえるようにしましょう。
洗顔は、朝と夜の2回がおすすめです。

肌を痛めないように、優しく洗って皮脂を取り除くようにしましょう。
洗顔後は、すぐに水分を補充してあげるのも大切になってきます。

洗顔して化粧水をつけるまで時間があくと、肌がどんどんと乾いてしまいます。
肌が乾くと、乾燥から肌を守るため皮脂が分泌されるので気を付けましょう。

前髪が長い場合は、顔にかからないようにするのも重要です。
前髪に残っているシャンプーやコンディショナー、整髪料が汚れとなってニキビの発生の原因になる場合があるからです。